読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドナーの初回検査について

初回検査(スクリーニング)は、基本的に 1 回の通院で終了します。時間は数時間かかる可能性があります。ドナー初回検査では、以下のような検査を行います。

 

◎医学的検査: 問診、血液検査 (HIV/肝炎検査)、梅毒、血液型)、子宮頸部細胞診/子宮頚管培養、尿薬物スクリーニング検査など。

卵巣の機能と生殖機能を確認するため、膣超音波検査と一緒に月経 2 または 3 日目のホルモン血液検査が必要になることがよくあります。このスクリーニングは、提供者が、医学的に健康で卵子提供に適格であるか確認するためのものです。
◎遺伝子検査: 遺伝子検査は、おもに血液検査で行います。こうした検査で、提供者が、嚢胞性線維症や地中海貧血などの遺伝的な疾患の持ち主かどうかが明らかになります。
◎心理検査 心理学的評価は、おもに心理療法士が行います。 この評価は、卵子提供のプロセスの心理学的意義を、提供者がすべて知っていることを確認するために行います。 また、この心理検査はドナーとなる心の準備ができているかどうかを確認するのにも役立ちます。


f:id:sakurababyusa:20160922121011j:image

 

これらの検査は、ドナーになる為にかかせないものとなります。